ホームへ
日本生活支援工学会

日本生活支援工学会 倫理審査受託事業について

ご案内

日本生活支援工学会では、本会の目的に基づき、日常生活を支援する機器の開発、実用化に際して行われる実証試験において、被験者の人格の尊厳及び人権の尊重その他の倫理原則を守るとともに、科学的原則を確保することにより、社会の理解と協力を得て、研究者等がより円滑に実証実験を行うことができるように、世界的な倫理基準に照らし合わせた倫理審査を、受託事業として行っております。審査をご希望の場合は,ぜひ本会へお申込みください.

日本生活支援工学会 倫理審査関連講座
『支援機器の実証試験ため倫理審査申請方法について』
を開催しました(9月29日(木)).
開催案内


1.申請の手続き

申請書一式を各月の締切り日までに、学会事務局あてに電子メールにて提出してください。

提出先: 日本生活支援工学会 事務局
■wsat @ jswsat.org / JSWSAT.IRB @ gmail.com
◎必要書式のダウンロード: 申請書一式(zip形式)(2.5MB)

2.平成29年度 スケジュール

平成29年度 日本生活支援工学会 倫理審査 スケジュール(暫定)

◎スケジュールファイルをダウンロードしてください.--> H29_IRBSchedule.pdf(44KB)

3.審査料

審査料:225,000円
※変更申請の場合は同一申請とみなします
※本学会賛助会員は,賛助会員割引(審査料の20%割引)が適用されます
※審査料は第1次の書類審査の段階で発生致します.審査開始後に申請を取り下げられても審査料は発生致しますのでご注意ください.

4.審査委員

氏名

所属

山内 繁(委員長)

NPO 支援技術開発機構

諏訪 基

国立障害者リハビリテーションセンター研究所

田村 俊世

早稲田大学次世代ロボット研究機構

中山 泉

第一東京弁護士会

緒方 徹

国立障害者リハビリテーションセンター病院

神作 憲司

国立障害者リハビリテーションセンター研究所

加藤 誠志

国立障害者リハビリテーションセンター研究所

水野 由紀子

ISO/TC 173/SC 7/WG 5 コンビーナ